自身の命にかける生命保険とは

私たちもその周りや家族も加入している方も多いのでは。「生命保険」です。よく耳にしますが、そもそも生命保険とはなんでしょうか。

生命保険とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払いを約束するもを「生命保険」または、「生保」と略称されています。

日本では生命保険会社がこれを行っています。また、これとほぼ同様の商品として、郵政民営化以前に日本郵政公社が行っていた簡易保険や、農協や生協などの共済字牛王の中で「生命共済」の名称で取り扱われているものがあります。

損害保険の扱う傷害保険に似ているが、損害保険の要件とされる「急激・外来」の条件に拘束されない点で異なる(但し、特約として傷害保険を含む場合もある)。

生命保険は一般に(出生直後などを除けば)年齢とともに高まる病気や死亡の危険を保障するための仕組みであって、外来の事故のみを保障する傷害保険とは技術的根拠が本質的に異なっていることが分かる。

また、生命保険では統計に基づいて、年齢ごとの死亡率に応じた保険料を設定することで、保険会社が受け取る保険料と保険会社によって支払われる保険金が均衡する仕組みになっている。

契約者が支払う保険料は、年齢ごとの死亡率に応じた保険料の合計を期間全体で平準化した金額となるのが一般的です。生命保険会社では他にも貯蓄や老後の保障といった幅広いニーズに対応するため、「財形貯蓄積立保険」や「個人年金保険」などの商品を取り扱っているが、これらも広い意味で生命保険といえます。

生命保険は会社によっても幅広いプランが存在してます。あまり深く考えずに生命保険に加入していませんか。実際に知人や家族、職場の上司に勧められて、何となく入った。なんて方も多いのではないでしょうか。そして、そのほとんどの人が全く必要のなさそうな保障も申し込んだりしてしまっています。

生命保険は必要とする人が多いのも事実ですが、誰にでも必要というものではありません。数十年と長い期間保険料の支払いをしていくものなのでしっかり検討して、本当に必要なものだけに加入することをおススメします。

私も生命保険に加入した時はしっかり検討したつもりでしたが、3年ぐらい払い続けると「あれ?」という感じがありました。なので抜けて納得いく内容と本当に必要な保険には入っています。加入する生命保険の意味をしっかり理解して、選んでいきたいものです。